2016-04-22 10:23 新着学び情報

垂直大周天法を体得すると、精神的、身体的能力が“超”飛躍する

矢山式気功大周天法は体を左右に動かしながら背骨を鍛えていく事を一つの目的にしています。この大周天法がさらに進化、発展した垂直大周天法が出来ました。
これは、体の縦をつらぬく軸を意識し、大周天法を行います。

 ⇒ 動画はこちら

この垂直大周天法は、背骨の平脇にある背柱起立筋を強力に活性化することが出来ます。
背柱起立筋は、背骨を中心に長い筋肉、短い筋肉が幾層にも重なっています。長い筋肉は脳幹まで繋がっています。
このことから、垂直大周天法により、背柱起立筋を活性化することで、脳幹にシグナルを送ることができ、脳の覚醒状態が上がります。つまり、頭が良くなると言えます。

また、矢山式気功小周天法では、ゆがみのない柔軟かつ強靭な背骨を作るためのエクササイズにもなっています。背骨には背ずい神経が通っていて、背ずいから各内臓器官をつかさどる神経が出ています。
そのため、背骨がゆがんでいると、内臓の働きが悪くなります。垂直大周天法で背柱起立筋が活性化すればゆがみのない柔軟かつ強靭な背骨が実現し、非常に健康度が上がっていきます。

上記の大周天法、垂直大周天法を合わせてエクササイズする事で、さらにさらに矢山式気功が深まり進化していきます。

●1ヶ月このエクササイズをやった体験
・垂直大周天をするとすぐに背中がポカポカしてくる
・背筋がのびた感じがする
・脳戸や背面に意識が向くようになった